任意整理で費用を後払いにする方法は2つ

任意整理をしたいと思っている人の中には、「今お金がないから費用は後払いにしたい」と考えている人も少なからずいると思います。

任意整理を後払いで行う方法には、後払いOKで任意整理を引き受けてくれる法律事務所を探す方法と、法テラスで任意整理の費用を立て替えてもらう方法の2つがあります。

後払いOKで任意整理できる法律事務所を探す

弁護士事務所や司法書士事務所の中には、費用後払いで任意整理を受け付けているところがあります。

法律事務所で任意整理の契約をするとすぐに、弁護士や司法書士が会社側へ「受任通知」という通知を送ります。

受任通知を受け取った後は督促をしてはいけない決まりになっているので、任意整理の手続きが完了するまで、借金の返済が一時的にストップします。

その間に、費用の後払いや借金返済のための積み立てができます。

お金がない人は「法テラス」で任意整理の費用を後払いにできる

法テラスとは、国の公式な法人である「日本司法支援センター」のことで、お金がない人も法的なサポートを受けられるようにするための様々な業務を行っています。

無料の法律相談を受けたり、弁護士費用・司法書士費用の立て替えを利用したりできる、法テラスの「民事法律扶助業務」を活用することで、費用を後払いにして任意整理をすることが可能です。

また、法テラスで弁護士・司法書士費用の立て替えを受けると、費用が通常より割安になるというメリットもあります。

立て替えてもらった費用は、弁護士や司法書士との契約日から2カ月後に返済開始となります。

なお、法テラスで無料法律相談や費用の立て替えといったサポートを受けることができるのは、目安として月収約18万円以下、預金や不動産などの財産が180万円以下の人です(いずれも一人暮らしの人の場合)。

まとめ

任意整理の費用を後払いにするには、後払いに対応している弁護士事務所や司法書士事務所を探し、受任通知で借金の返済が一時的にストップしている間に後払いのためのお金を積み立てるという方法があります。

また、国の公式な法人である「法テラス」が提供している、弁護士・司法書士費用の立て替えを利用することでも、費用後払いで任意整理ができます。

ただし、法テラスで費用の立て替えを受けられるのは、一人暮らしの人の場合で月収約18万円・財産180万円以下の人に限られています。

コメントを残す

メニューを閉じる