任意整理すると信用情報に傷がつくってどういうこと?

任意整理について調べていて、「任意整理をすると信用情報に傷がつくというデメリットがある」という情報を目にしたことがある人は多いでしょう。

任意整理をすると信用情報に傷がつくというのは事実ですが、期間が決められていることや具体的にどのようなデメリットがあるのかはご存知でしょうか。

ここでは、デメリットへの対策もあわせて紹介していきます。

任意整理すると傷がつくという「信用情報」って何?

信用情報とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社の間で共有されている、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを判断するための情報を指しています。

信用情報には、クレジットカードの利用履歴や滞納情報、スマホ代や携帯代の滞納情報、借金に関する情報、債務整理の情報などが含まれます。

お金を貸す会社は信用情報を共有するための機関である「信用情報機関」に加盟していて、お金を貸す相手の信用情報を適宜チェックしているのです。

任意整理で信用情報に傷がつくとどんなデメリットがあるの?

任意整理をすると、信用情報機関に「借金を決められた条件で返せず任意整理をした」という情報が登録されます。これが、「信用情報に傷がつく」または「ブラックリストに載る」といわれる状態です。

信用情報機関に任意整理の情報が登録されると、クレジットカードの作成や使用、ローンやキャッシングでの借金、スマホなどを分割払いで購入すること、借金の保証人になること、賃貸契約のときに信販系の保証会社を利用することなどができなくなります。

信用情報機関に登録された情報は加盟している会社なら見ることができるため、任意整理をした相手の会社だけでなく、他の会社からも上記のような制限を受けることになります。

なお、任意整理で信用情報機関に登録される期間は約5年間です。この期間が過ぎれば、登録されていた任意整理の情報は削除され、受けていたデメリットもなくなります。

まとめ

信用情報とは、お金を貸す事業を行っている会社の間で共有されている、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを判断するための情報のことで、信用情報機関によって収集・管理されています。

「信用情報に傷がつく」というのは、信用情報機関に債務整理の情報が登録されることです。そうなると、クレジットカードの利用、新しく借金をすること、分割払いで物を買うこと、借金の保証人になること、信販系の家賃保証会社を利用することが約5年間できなくなります。

コメントを残す

メニューを閉じる